マグネットタイプの缶バッジを作るなら

バッジはオーソドックスなタイプはピンで留めるものとなっています

ピンで留めるものは、衣服やバッグなど布製品につけることが多くなっていますが、最近はピンで留めないタイプも人気です。

お気に入りの絵柄のものは、より自由に飾って楽しみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

マグネットタイプなら冷蔵庫など磁石でくっつくところに手軽に取り付けることができます。

メモをはさんだり、写真を飾ったりと工夫次第で様々な楽しみ方ができます。

ピンを使わないので、子供が触った場合も安心です。

缶バッジの立体感が活かせるのもマグネットを使うメリットといえるでしょう。

オリジナルのバッジを作成するなら、まずは安心して依頼できる業者を見つけることが大事です。

実績や評判はしっかりと調べておきましょう。

安く作れることはもちろん大事ですが、ただ安さだけで選ぶと品質が劣る可能性もあります。

低価格でも印刷や表面加工の質が良い業者を選ぶようにしましょう。

安心して依頼するなら、UCANBADGEがおすすめです。

こちらは年間1万件の納品実績と年250万個の生産体制が整う、信頼ある業者です。

オリジナルで作成するときは、デザインの良さを重視したいところです。

こちらはデザインの相談にも応じてくれますのでデザインで悩んでときも相談してみましょう。

マグネットやピンで留めるタイプはもちろん、ミラータイプやスタンド付きで飾りやすいものなど様々なタイプが用意されています。

カテゴリ一覧